ロゴ

活動記録 : レビュー ✕ コラム ✕ 覚書 ✕ ブログ

デイコのお仕事についてはコチラ

うそ★カノ Lie.36

漫画・コミック

明日は、今年初めての土曜日休暇。
だからと言って、何処にも行きはしませんが…(笑)

久々の2連休なので、少し小説でも読もうかと考えております!!

そんな訳で、LaLa3月号のネタバレ感想も今回が最後となります。
(スミマセン、他の作品はそれほど思い入れがないので、飛ばします!)

3月号最後の感想は「うそ★カノ」の36話になります。

いや~、もう今月号は、私をそんなに喜ばしてどうすんの?ってレベルに、ウハウハ展開が多かったように思うのですが、中でも「うそ★カノ」はサイコ―です(笑)

「一番欲しいもの頂戴よ」

で次号へ続いたわけですが…(笑)

一番欲しいものくれるんでしょ?Part.1

もう、至る所でおねだり攻撃(爆)

いったい、何が欲しいんだ??オバサン、無駄にドキドキするわ…(笑)

いちいち決め顔(笑)で繰り返す「一番欲しいもの(者)くれるんでしょ?」の台詞は、意味深すぎると共に、そんな入谷が可愛いと思ってしまうあたり、もう私「乙女」じゃないのね…と自覚してしまいますね(苦笑)

この年頃の男の子が、彼女に対して言う「一番欲しいもの」想像つきすぎますよね(苦笑)
だが、これは少女漫画誌、大丈夫か?!
と無駄な心配をする、汚れたアラフォー女でございます。(反省…)

一番欲しいものくれるんでしょ?Part.2

実に切実な入谷くん(笑)
パーティー会場をなんとか抜け出し、誰もいない実家へすばるを連れて帰りますが…。
ここで、お持ち帰りされちゃった…と考える自分が汚らわしい(爆)

フェイントのファーストキス

もしかすると本来の目的は、ファーストキスだったのかもしれませんね…。

ようやく念願のキスが出来た二人。でもその後すぐに入谷くんは、パリへ行っちゃいますので、しばらく会えない二人ですが、ラブラブなクリスマスを過ごせて良かったですね~(喜)

入谷くんがヘタレじゃない(笑)36話でした!

ここからネタバレになりますので、お気を付け下さいませ(笑)

場面は、入谷くんの壮行会ならぬクリスマスパーティーという名のコンパ会場からのスタートです。

自分の為の壮行会じゃないから、気にせず抜け出そう…とすばるを連れて自宅へ帰ろうとする入谷を阻むクラスメイト達。1時間も足止めされ、念願かなって自宅へ向かう事ができました。

当初の目的は、13時会場着、13時10分会場発(移動50分)の14時自宅着、17時自宅発。
欲しいモノを貰うのに、3時間あれば余裕なはず…(いったい何が余裕で大丈夫なの??)と目論んでおりましたが、友人たちの妨害により1時間押しで予定時間は3時間から2時間に…。(だからいったい何が…以下同文)

ともかく急ぎ自宅へ到着。 自宅に着いてから出発までに2時間も時間があるから、まだ出発までにも時間があって良かったね~と呑気に応えるすばるに、「ないよ。」と返す入谷。

「欲しいものくれるんでしょ? 今日 一番の目的それだから。」 

誰もいない家に二人きり、そこへこの台詞というか、宣言。

ぼんやりすばるちゃんでも、さすがに深読みしちゃいますよね…うんうん。

お着替えを済まし、リビングに戻ると、沈黙に耐えられなかったすばるがTVを付けて緊張しています。すぐさま「俺の部屋行こ」と誘う入谷。「こ ここでいいですっ」と答えたすばるに合わせて、リビングでプレゼント交換です。

すばるからのプレゼントは、電子手帳。パリへ行く入谷の為に、フランス語に特化したタイプのようで、想定金額3万円。バイト代をほぼ注ぎ込んでいることにプチ怒りを覚える入谷くんですが、パリ行きを少しでも楽しんでこれるように…というすばるの想いが嬉しくて…複雑な心境のようです。

分かるわ~(笑)プレゼントはやはり等価交換(注・漫画が違います!)ではなく、等価なものである方が安価だった方の気持ちが辛いですからねぇ…。 

それでも喜んで使ってもらえる方が贈る側は嬉しいですから、複雑な気持ちを抑えながらも「ありがと 持ってく。」と伝え、自分のプレゼントを渡す入谷くん。大人だね…(ホロリ)

お品は、ヒヨコのカメラケース(3000円相当)だったようです。(笑)※1/10の値段だという事を非常に気にしている入谷くんが可愛くて笑えます。彼氏ならではのプライドがね…(苦笑)

それでもとっても嬉しいすばるちゃんは、「大切につかいます。」と感動している模様。

ずっと片思いをしていたすばるからしてみれば、入谷くんがすばるの為に…と買ったものなら、チロルチョコだって宝物でしょうね…。

その上、プレゼントの公平性を期すために、来年からすばるからのプレゼントは禁止。自分が10年かけて返すから…などと言われてしまったら…。
それはもう一種のプロポーズのようですよ…奥さん!!(笑)

たとえ単純計算の上で出た「10年」という発言でも、好きな男の子からそんな台詞を言われたら、女の子は皆10年後も一緒にいられるんだ~って夢を見ちゃいますね…。

あまりの嬉しさに、入谷くんの背中をぎゅっと握って「楽しみにしてます すごく」と本当に嬉しそうに告げるすばるちゃん。とっさに触れてしまったことに気付き、すぐ手を放しますが…。

入 「いいよ 触って」

す 「え…?」

入 「俺も神宮寺さんに触っていい? しばらく会えない分」

おぉ~~~っっ!
とうとう今回の一番の目的、出ました~!! カラン、カラン、カラン、大当たり~(笑)

やっぱりか?やっぱり悩める青少年だったのね(爆)
自分が穢れたアラフォーでなくて、良かった…と安堵した瞬間でした(笑) 

ですが、やはりLaLaは少女漫画誌でした。
お兄さんからの嫌がらせのような、分刻みのお届け物攻撃に、タイムオーバー(爆笑) 

残念だったね…(涙)

電車で空港へ向かう入谷くんの見送りに駅まで一緒に行くすばるちゃん。
電車待ちをしている時に、ちょっと寂しくなってきたすばるに、パリは同じ北半球だから、8時間後に同じ星を見ることが出来ると慰め(?)の声をかけます。優しくなったものだな~(笑) 

その言葉に、俯き加減だったすばるが顔を上げると、不意打ちのように掠めるようなキスをし、電車に乗って行く入谷くん。

「帰ったら ちゃんとしたのするから」

その一言とすばるを残して空港へ…。
大好きな入谷くんとのファーストキスに、その場に崩れ落ちるすばる。 

う~ん、中々良い締めで今月号は終わりました。
この後、下手に照れて、次が上手くできない二人…とかモジモジとか、もう要りませんから(笑)