ロゴ

活動記録 : レビュー ✕ コラム ✕ 覚書 ✕ ブログ

デイコのお仕事についてはコチラ

TVアニメ「殺し愛」

アニメ 日常 漫画・コミック

11月8日(月)の19時に、TVアニメ公式サイトがガラッと変わりまして、他のメインキャラクターのキャストの発表がありました。

11/6だったか「殺し愛」原作漫画家のFe先生のTwitterで、11/8の19時にアニメ情報に関する「ポロリ」があるよ…と呟いていらっしゃったので、11/9〜10で少し出かける予定があり、その準備中でしたが、ブラウザでカウントダウンを見ながら待ってました(笑)

2022年1月TVアニメ放送開始

新しいキャストさんの発表も楽しみでしたが、思ったよりも早く放送が開始されることを知れたのが、一番嬉しかったです!!

『2022年にアニメ化』と、単行本にも書かれていたので、来年アニメの放送があることは分かってましたが、結構こういう情報って、来年の夏だったり、冬だったり、と割とずっと先の話だったりするので、まだまだ観れないんだろうなぁ〜って思い込んでたんですよね。

それが1月だなんて…あと3ヶ月ないじゃないですか…。
いや〜〜楽しみだなぁ〜〜〜

キャストの中にドニーが居たということは、1〜10巻までがアニメに組み込まれるってことですね…。
最近のアニメはまず1クール分放送して、半年〜1年くらいあけて残りをまた1クールで放送する…で、全26話前後構成が多いから、ちょうど5巻のシャトーとリャンハが再会して脱走するところまでが第1期で、6巻〜10巻が第2期って感じでしょうか…。

この「殺し愛」は勢いがある、というか、展開がスピーディーなのも売りの作品だと思うので、本音を言うと途中で切らずに2クールまとめて放送してもらえるとなお嬉しいな〜と思うのですが、無理でしょうね…。

最近の作品で1期で2クール分放送している作品って「七つの大罪」や「鬼滅の刃」「進撃の巨人」クラスの作品ですものね…。
いくら角川書店が集英社や講談社クラスの出版社だとしても…ね。集英社の「東京喰種Re:」だって、実写化されてるにも関わらず1クールずつだったし…。過度な期待は捨てておきます。

キャスト発表

今回は、シャトーさんの職場のメインキャラとリャンハ(新旧)絡みのキャラのボイス発表でしたね。

いやもうドニーCVが大塚芳忠さんって、めちゃくちゃハマり役すぎて、キャスティングを拝見した時ゾワッとしました(笑)
あとは、そうですね…社長CVが堀内賢雄さんなのも、ハマってるとは思うのですが、社長、ああ見えて24〜5歳なんですよね(苦笑)
見た目落ち着いてて、リャンハよりも年上に見える顔だから、賢雄さんのお声はピッタリだけど、余計に24〜5に見えなくなってる感が半端ないですね(爆笑)

あとホー先輩のボイスが前野智昭さんなのは、ちょっと意外でした。
いや、合ってない…と言いたい訳ではなくて、中国マフィア「三檮會」に居た頃のホーが三下キャラ過ぎて、前野さんの硬派系の声より、関智一さんのイザーク(種)ボイスの方がイメージだったので、ちょっと声の高めのキャンキャン吠えるのが似合いそうな声優さんが演じられるのかな?って思っていたので、驚きました。(読書時の私の脳内ボイスは、関智さん、もしくは谷山紀章さんだったんですよね…。)

インド君、いやアニメでは「ジム」君でしたね…彼の担当声優さんは、若手さんかな?ちょっと全然存じ上げないのですが、PVで声を聞いて、あ〜うん、イメージはそんな感じ…合ってるな〜と思いました!
どちらかと言えば、まだニッカやジノのキャストが発表されていない中で、まったく知らない「ジム」なるキャラクターの担当声優が発表となり、この声優さんの声を知らない私はPV見ても、インド君とジム君が同一キャラだと気付けなくて…え?誰??って思ったんですよね。

でもインド君の名前は確かにどうするんだろうとはアニメ化の発表を見た時から思ってましたし、小ネタの音に出来ない(禁止用語的な)名前なんて尚の事使えないだろうしな…と密かに心配してたんですよ。
この4人の主要キャラの中に絶対インド君は入るはずだから、この誰か分からない「ジム」なる人物がインド君かな?と考えた時、あ!リッツランサポート商会の事務員のインド君だから「事務=ジム」とか?って気付いたら、しばらくしてFe先生のTwitterでネタバレがありました。

予想通り「事務=ジム」だそうで、当初はインドを捩って「インディー」という名前も候補に上がっていたとのことでした。
うん、インディーよりはジムの方が、インド君のイメージですね!!

 

もう放送が楽しみで、楽しみで、たまりません(笑)
続報もお待ちしております〜。