ロゴ

活動記録 : レビュー ✕ コラム ✕ 覚書 ✕ ブログ

デイコのお仕事についてはコチラ

ラストゲーム ―最終章― GAME.53

漫画・コミック

こんばんは。今日は「ラストゲーム」最終章・53話の感想を書きます!
先月の27日のTwitterでつぶやいてますが、今月(LaLa5月号)の53話を含めて、あと4話で最終回なのだそうですよ!その為、今月号のお話から「最終章」となってます。

さて、今月号のお話は「最終章スタート!」と謳っている割には、最初から最後までただ只管に擦れ違う二人でしたね。ここにきて、こうもすれ違うのか…と思うほどに、見事なすれ違いっぷりでした。

弱気なみこっちゃん

鉄の女(笑)のみこっちゃんが乙女になっている!!
これが見れただけでも、最終章って感じがしますね!(笑)

でもこの一時の逃げが、後悔につながることもあるんだよ…みこっちゃん…と、事情を知ってる読者は皆思ったことでしょう…。

私も話したい事がある

今までの10年が、またこの後の10年とか、そんな笑える展開にしないでくださいよ…と願うばかりです。空港で、待ってて欲しい的な会話が出来たとして、いっきに最終回で10年後はやめてね…と真剣に思いました。そしていっきに結婚式…とかね(苦笑)

韓国ドラマの見過ぎなサクヤの脳内は、勝手にそんなラストを妄想し、いや~って思ってます(笑)
最終回前に、ラブラブ両想いな二人を見てみたいです!!(両片想いじゃなくて…ね!)

色んな意味で、次号の展開が見逃せません(笑)

ここからネタバレになりますので、お気を付け下さいませ(笑)

あのイブの夜(デート)から年も明け、柳くんは大忙しの模様。
留学の決心に1か月以上悩んでいた為に、留学の申請期間が1ヶ月切ってしまっているようです。

みこっちゃんに思わせぶりな事を言っておきながら、留学の申請が間に合わなければ、告白どころじゃない!と大焦りで申請書類の準備をする柳くん。方や、勢いで告白をしようとして、2回とも失敗に終わったみこっちゃんは、今度こそ計画的に告白をしようと、柳くんの予定を聞こうとしますが…。

そんなみこっちゃんの挙動不審さにも全然気付く余裕のない柳くん。
相変わらず残念なイケメンだ(笑)

サクヤ自身も、サクヤの友人にも留学経験者はいないので、いったいどんな手続きが必要で、それらにどれ程の時間を要するのか、皆目見当もつきません。

なので、朝、大学であった時に、立ち止まって挨拶すらする時間すらないのも、図書館で寝落ちするほど、徹夜続きで作成しなくてはいけない英文のレポートでもあるのでしょうか…と思わせる柳くんのギリギリ感にリアル感がないので、いまいちこのすれ違いっぷりには、気持ちがついていけてませんでした。

ですが、擦れ違いが続き、不安が生じたみこっちゃんの行動は、リアル乙女で可愛かったです!

あのみこっちゃんが…簡単に誤解したり、自信を無くしやる気をなくしたり、告白しなければずっと友達でいられる…なんて、普通の女の子のような発想をし始めるとは…恋って素晴らしい(爆)

女子力上げるには、恋するのが一番ですね!

なのに、そんな美味しい状況にやっとたどり着いてもらえたというのに、何をやっているんだか…柳くん。みこっちゃんを忙しさにかまけて放置しちゃうから、最後まですれ違っちゃうんだよ…と、漫画なのに、ついボヤキたくなりました(苦笑)

なんとか留学申請も通過し、ようやくみこっちゃんに連絡できると、喜び勇んで電話をしますが、もうすでに時は遅し…。みこっちゃんは色々悪い方向にしかモノが考えられない状態に陥ってましたので、電話に出てもらえません(笑)…こういうところ…肝心なところで手抜かりしまくり…やはり柳くんですね(爆)

そんな所へ、柳くんのお父さんが帰ってきました。
申請が通過した以上、もう日本ですることはないはずだから、明日アメリカに行く準備は済ませてきた…とチケットを手に準備するように急かします。

父の跡を継ぐ…というのは、そういうことだ…と中々シビアでクールです!
出来る男だな…父よ…。甘えは許さない…という態度に、サクヤは個人的に「父、素敵!」となりましたが、はっと冷静になると、読者としては、みこっちゃんと柳くんの恋はどうなるの?…と、気にするところを間違えたことに気付きました(笑)

とりあえず一晩悶々とした美琴さん。やはり基本理数系の女(笑)次の日には、自分の誤解や思い込みを冷静に分析していて、落ち着いていましたが、やはり恋愛には臆病な部分はつきものですよね…。

昨日の話をしおりちゃんに聞いて貰っているところへ、蛍くんがやってきました。

柳くんが留学をするらしいこと、もう今日からアメリカへ向かっていることを、蛍くんから聞き、慌てて携帯を見ると、そこには柳からのメールが…。

「話したい事があるんだけど」 

それを見た美琴は、自分もある!と柳の元へ駆け出します。
そして次回へ続く…。

次号、搭乗までに間に合って、少しでも空港で話すことが出来るのか…。 気になります!!