ロゴ

活動記録 : レビュー ✕ コラム ✕ 覚書 ✕ ブログ

デイコのお仕事についてはコチラ

砂漠の薔薇 ― デザートローズ ―

日常

その存在を知ったのは、今から9年前。
2005年4月頃だったでしょうか…。

宝塚歌劇団花組公演『マラケシュ・紅の墓標』を観劇したときに、舞台の中のキーワード的なアイテムとして何度か会話の中に出てきたのが最初でした。

その時は、まだあまり天然石とか詳しく知ろうとしてなくて、「砂漠の薔薇」って言葉の響きが、とても美しくて…

いったいどんな石なんだろう…?

そう思っただけでした。
ただ、その思いが印象的で、耳に残っておりました。

そうして昨年ようやく実物を見る機会を得まして、私のもとにやってきました(笑)
買ったんじゃなく、譲ってもらった…というのが、きっと正しい表現ですね。

結構脆いので、気軽に持ち歩いたり、手荒に扱ったりはできないため、お皿に乗せて飾ってあります。

さて、なぜ今日「デザートローズ」なのか…と申しますと、別に宝塚の話がしたかったわけでも、買わずに手に入れてラッキーだという話がしたいわけでもありません(笑)

この石も、友人におススメの石だったりするからです!

 ・束縛やネガティブなどのパターンからの解放
 ・悪縁を切る
 ・悪習・災いの連鎖を断つ

そんな意味合いを持つ石です。

ついつい後ろ向きに考えてしまう人や、恋人ときっぱり別れたい、イヤな友達関係から抜け出したい。
離婚したい…そういう悩みを持っている人、
また依存症を断ちたいと思っている人、
災いを絶ちたいと願っている人などにおススメな石なんです。

なんだかんだで、私の手元にある石って、そういう意味合いのモノが多いんですよね(笑)

つまり友人におススメだとか言う前に、私自身が求めている方向が、自分の持っている石に比例していると考えたとすると、私は「癒し」と「厄払い」と「悪縁切り」が望みということになるのでしょうね…。

なかなか深いですね…。
自分探しをしているようです(笑)